十八界 能面教室:中野・用賀・藤沢・千葉
moji3.jpg
undefined [ch0]
ようこそ十八界彫刻教室のホームページへいらっしゃいました。
毎年、渋谷の金王八幡宮社務所にて能面展を開催し、会員の作品を発表致しております。
「趣味なび」にても、当会の会員を募集いたしております。お気軽にお問合せください。⇒


十八界彫刻教室


ようこそ、十八界彫刻教室ホームページに。

このホームページの目的は、教室の活動を多くの方々に知って頂くことと、会員間の情報

交流をめざしてつくられたものです。


最初に、彫刻教室名の「十八界」とは?

十八界(彫刻教室)の名は、「自分」が十八種類の要素で構成されているという釈迦の十八

界の思想に由来しています。また彫刻の素材は檜ですが、この檜という文字を分解すると木

へんは十八、つくりが会となります。その両方から会の名前を付けました。

心(十八界)と物質(十八会)を表しています。その心を作品に表現したいと励んでいます。


*十八界 十二処に六識を加えたもの。(仏教専門語)
それぞれの詳細については下記のとおり。

十八界
十二処
六根 六境 六識
眼(げん) 色(しき) 眼識(げんしき)
耳(に) 声(しょう) 耳識(にしき)
鼻(び) 香(こう) 鼻識(びしき)
舌(ぜつ) 味(み) 舌識(ぜっしき)
身(しん) 触(そく) 身識(しんしき)
意(い) 法(ほう) 意識(いしき)
このうち、眼・耳・鼻・舌・身を五根といい、人間が外からの影響を受ける身体の器官すなわち五感であり、
意はそれによって生じる心の働きのことである。

■出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



「十八界」当教室では、面の創作を通して、日々刻々と移ろいゆくこの世において

「永遠」をテーマに探求、表現する会です。

十八界は能面を中心に制作している彫刻教室です。

会員には、20代~80代まで幅広い年齢層の方々が集い、能面以外にも顔を

テーマにした様々な作品に挑戦しています。

(能面、狂言面、仏面、仏像などの制作を致しております)

展覧会は、1996年より毎年行っており(銀座清月堂画廊)、今年で19回目を迎え

今までほんとうに多くの方々にご来場いただきました。

年一度の展覧会は、会員の創作に対する強い励みにもなっており、緊張感を持っ

て作品の制作に臨んでおります。



刀と筆の芸術といわれる能面..............。 

初めてご覧になる方は、新しく作られた面でも時代を経たような趣に驚かれることでしょう。

これは一般に古色といわれ、単に古く見せるということだけでなく、その面のもつ

表情や性格などを強調する彩色方法です。彫刻にも、老若男女の違いを骨格や筋肉、

皮膚に的確に表現され、また舞台で使うためのさまざまな工夫がほどこされています。



能面は彫刻と絵画のふたつの技を調和させて作られています。

これらの技を支え、能面制作上最も大切な要素となるのが、デッサンと油土に

よる彫塑です。

デッサンは能面の形を正確に把み取る力を養い、彫塑では骨格や筋肉、皮膚の

表現を立体的に学びとることにより生きた表情の面を作ることができます。

教室ではこの2点を基本として作品の制作に臨んでおります。



◆能面制作道具の紹介・指導

◆油土による彫塑指導

   粘土で肉付ける、彫るを体験し幅広い視野でモノを見る力を培い、深く思考を繰り返す
   重要な技術鍛錬となります。

◆彫刻刀・鑿などの使い方、磨ぎ方の基本的指導

◆彩色道具、能面材料(檜材)の指導

◆木取り・彫り・胡粉のつくり方・膠の取り扱い方・塗り・彩色の指導

◆能面資料・作品集・展覧会等の情報及び指導

◆『能面』という完成された造形を写しながら、能面の全工程を学びます。




各教室随時入会  見学歓迎




申し込み、お問い合わせは下記電話番号またはメールまで
0466-36-7904

Eメール mask227@kbh.biglobe.ne.jp
モバイル:mask227@docomo.ne.jp

ページの先頭へ